歌と羊と羊飼い


歌と羊と羊飼い|2021年|56分40秒|監督:四海兄弟|製作総指揮:飯塚冬酒
製作・宣伝・配給:ガチンコ・フィルム
INTRODUCTION

2014年に劇場公開されたドキュメンタリー映画『GOSPEL』(監督:松永大司)から7年、日本に新しいゴスペルドキュメンタリー映画が誕生した。
製作総指揮は『GOSPEL』でプロデューサーを務め、ミス日本50周年ドキュメンタリー『夢こそは、あなたの生きる未来』(監督:小野篤史)などドキュメンタリー映画をはじめインディペンデント映画の製作を手掛ける飯塚冬酒。
監督は、ベトナム人青年と日本人青年の結婚式を追ったドキュメンタリー映画『ぼくと、彼と、』、横浜・長者町の伝説のライブハウスのドキュメンタリー『FRIDAY』の四海兄弟。
本作は、飯塚冬酒×四海兄弟の3作目となるドキュメンタリー映画。
今の日本に生きるゴスペルアーティストたちに焦点を当て、ゴスペルを通じて「生きること」「愛すること」を強く問いかける。

ゴスペルを歌うこと。
生きること、愛すること、
STORY

スペイン生まれのゴスペルシンガー(MARISA)、米国黒人教会でゴスペルを指導していた経歴を持つ牧師(Rev.Taisuke)、全国ゴスペルコンテストに挑戦する二人の少女(眞塩藍咲、HIKARU)、ゴスペルに向き合うゴスペルミュージシャン(遠谷政史、大山小夜子、Pencil Bunch)、ゴスペルと出会い変わっていく女性(杉本民奈子)。
それぞれの活動を中心に、ゴスペルに関わる人々の想いと人生が交錯していく。

DIRECTOR・PRODUCER

監督:四海兄弟(しかいきょうだい)
ミス日本ファイナリストを日常を追った短編『今を憂う君も春になれば』(2019年)、ベトナム人青年と日本人青年の結婚式を追った『ぼくと、彼と、』(2019年)、横浜・長者町の伝説のライブハウス『FRIDAY』(2020年)などのドキュメンタリーを手掛ける。

製作総指揮:飯塚冬酒(いいづかとうしゅ)
ゴスペルドキュメンタリー映画『GOSPEL』(2014年|松永大司 監督)、ミス日本50周年ドキュメンタリー『夢こそは、あなたの生きる未来』(2018年|小野篤史 監督)、『世界を変えなかった不確かな罪』(2017年|奥田裕介 監督)、『誰かの花』(2021年|奥田裕介 監督)などのプロデュースを手掛ける。

CREDIT

出演

眞塩藍咲 / HIKARU / MARISA / 杉本民奈子 / Rev.Taisuke / 遠谷政史 / 大山小夜子 / Pencil Bunch(松谷麗王 / KIWA / 綿引京子 / 平田ゆり)
千代延大介(サルーキ=) / Timothy Riley / Steven MacCaster
鈴木智晴 / 松枝利育 / 河崎将己

STAFF

監督:四海兄弟
製作総指揮:飯塚冬酒
撮影:長棟航平 / 中田敦樹
音楽:伴正人
整音:東凌太郎

SPECIAL THANKS

足立学 / LOVEHIM / RayD Lewis / 土生敬子 / 瀬戸郁寛 / ひなたなほこ / 山本裕太 / 杉本智孝 / 田中直人 / 鳥山真翔 / 草薙さゆり / 蔵本順 / 三科かをり / 中村陽志

協力

ミクタムミニストリー / 千葉北総教会 / 新宿シャローム教会 / Shalom Seeds Gospel Choir / シャロームゴスペル礼拝チーム / 大坂弟子教会 / 東京フリー・メソジスト小金井教会 / ひなたアクターズスクール / ラッドミュージックスクール / ワイズボーカルスクール / ライトハウス・バプティスト・チャーチ / 名古屋グレイスキリスト教会 / 九州キリスト災害支援センター / 中目黒楽屋 / GOSPEL CHOIR 1 Cube / Gospel-M / AtoNO Records / HAPPY MUS!C / 横濱ゴスペル祭 / ゴスペル甲子園 / Cinema Sound Works / 山本夫実 / 坂上悦子 / 甲斐玲子

THEATER
神奈川県
横濱ゴスペル祭2021(プレミア上映) 2021.8.29(日)
東京都
ユーロスペース 2021.10月~


 Twitter  Twitter
製作・宣伝・配給:ガチンコ・フィルム
TOP