戸越銀座アメイジングス 戸越銀座アメイジングス

TITLE TITLE



インフォメーション
● 劇場公開 ● 2017年5月13日(土)~下北沢トリウッド(東京都世田谷区代沢5-32-5-2F)
確実にご入場いただける日時指定チケットを販売しております。
※お早目のお買い求めをお勧めいたします。
日時指定前売券の最新状況はこちらからど うぞ
上映に関するお問合せは、こちらからどうぞ

・5月13日(土)11:30~ ×
・5月14日(日)11:30~ ×
・5月15日(月)休映
・5月16日(火)休映
・5月17日(水)20:00~ △
・5月18日(木)20:00~ △
・5月19日(金)20:00~ ×

◎・・・お席に余裕ございます
◯・・・お席ございます
△・・・お席少なくなってきています
×・・・WEB販売予定枚数終了 ※当日券、若干ございます。

● チケット購入 ● こちらからどうぞ
● 先行上映会 ●
2017年2月25日(土)渋谷・ユーロライブ(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)
13:30~ / 15:30~ 入替制 (全席完売となっております)
・満席にて終了いたしました。ご来場のみなさま、ありがとうございました。
ストーリー
人生負けっぱなしのへっぽこゴスペル合唱団にやってきたのは、
性格サイアク、音楽上等、ちょっと切れ気味の・・・。
戸越銀座でゴスペルを教える八重子のもとに息子の翔太が彼女・要を連れてきた。
性格サイアク、音楽上等、海外留学の夢に破れ、住まいのない要は、八重子の家に住みこむだけでなく、八重子の指導するゴスペル合唱団におしかけてレッスンまではじめてしまう 始末。
要に引っ掻き回されるひと癖もふた癖もある合唱団のメンバー、猛レッスン、さらにはライバル登場、音楽フェスティバル出場、姑嫁問題・・・。
はてさて、合唱団と八重子&翔太&要の行方や如何に!

要

キャスト
本作の出演者のほとんどは、3ヶ月間のガチンコ・フィルム俳優ワークショップの参加者よりオーディションにて決定した。
ヒロイン役はオーディションで大抜擢された木村恵理、脇を固める俳優には、若手俳優・疋田健人(「退屈な日々にさようならを」今泉力哉監督)をはじめ、斎藤静香(NHK「とと姉ちゃん」)、ゴスペル音楽界から、ゴスペル&ミュージカル指導者・杉本智孝、ゴスペルディレクター・金井恵理花が参加。

木村恵理


木村恵理
昭和音大短大卒業。
ライブ、ミュージカルなどを中心に活動。

疋田健人


疋田健人
映画・ミュージカルなど多岐にわたり出演。注目の若手俳優。
最新出演作「退屈な日々にさようならを」(2016年|今泉力哉 監督)

斎藤静香


斎藤静香
TV、CMなどで活躍。
朝ドラ「とと姉ちゃん」、日本マイクロソフトCMなどに出演。


金井恵理花


金井恵理花
ミュージカルを経てVOJAのメンバーに。現在はゴスペルディレクターとして活躍。

杉本智孝


杉本智孝(特別出演)
ミュージカル・YAMAHAゴスペル講師など幅広く音楽分野を中心に活躍。

出演:木村恵理、疋田健人、斎藤静香、金井恵理花
小峰拓朗、菊池湖子、浅野晃乃、鷹西京子、松井結起子、椋下美由紀
Rie & Rumi Gospel Choir、Rainbow Breeze Choir、Milk&Honey
特別出演:杉本智孝
WSメンバー:大友滋敦、小野典子、鷲尾徹、高島真寿美、古野泉、真鍋杏月、林和子、伊藤久子、篠原朋子、長塚直美、早馬亜希子、丸山紀美、堀井利江、樋口頼子、手塚なつこ、彦坂秀昭、ARIKO、小林幹雄、師将晴、若菜真希、中森由香、向野美鈴、Gleegleeglee@Tokyo/Keiko Ogasawara、ナキュイ、梅村陽子、江川淑江、梶山るみ、髙橋幸恵、陣川いづみ


夜の戸越銀座

スタッフ
監督:古武直城
撮影・照明:大枝正人
録音協力:辻野正樹
制作協力:疋田健人
音楽指導:杉本智孝
振付:杉本智孝、北山愛
音楽協力:猪狩太志、会田敏樹
Recording Mix:湊雅行
Recording assistant (abRiR studio) :加藤侑作
Recording協力:有限会社サウンドアクション

プロデューサー:飯塚冬酒
製作・配給・宣伝:ガチンコ・フィルム
協力
脚本協力:敦賀零
撮影コーディネート:松沢和昌
協力:上田慎一郎、阪本理恵、阪本瑠美、木村宇志、古川秀幸、田中直人、杉田孝弘、AtoNO Records、恵比寿天窓スイッチ、Sugimoto Family Choir
撮影協力:亀井哲郎、成瀬雄一、ボナール、Hair Z's、中村忠商店、金田園、八百久、ギャララリーカメイ、カイ整骨院、戸越銀座の牛乳屋、行慶寺、元ルンビニ幼稚園、戸越八幡神社
ノート
コンサートシーンには、150名以上が所属するRie&Rumi Gospel Choirをはじめ、関東各地で活躍するディレクター陣が率いるRainbow Breeze Choir、さらには全国ゴスペルコンテスト「ゴスペル甲子園」優勝Milk & Honeyなど、実力派のゴスペルグループが本番さながらのステージを繰り広げ、出演者・観客含め、延500名以上が撮影に参加した。
エンディング楽曲は、仙台最響のコーラスグループ the voice of LOVEを率いる音楽家・猪狩太志がアレンジャーとして参加。
製作は、ドキュメンタリー映画「GOSPEL」(2014年|松永大司 監督)のガチンコ・フィルム、飯塚冬酒がプロデューサーをつとめる。

ステージ

戸越銀座アメイジングス|2016年|日本|63分
製作・配給・宣伝:ガチンコ・フィルム